空港での勤務

看護師の仕事は、病院やクリニックなどの職場ばかりではなく、学校での保健室や企業の医務室など、人が多く在中する施設においては、看護師としての職場も多くあります。
そんな中で、空港などの施設にも、医務室やまた海外からの病気の感染を防ぐために、空港内で検疫官として働いている人達もいます。
特に、検疫官として働く看護師は、一般の病院などの採用とは違って、厚生労働省の国家公務員と言う扱いになり、厚生労働省が直接に人材を募集しております。
募集要項は厚生労働省のホームページでチェックすることが出来、採用にあたっては、履歴書やレポートによる書類選考を受けた後に、合格者だけが面談試験を受けるようになっております。
また、空港内施設における医務室などの勤務では、一般に大学病院などから派遣されるケースが殆どで、管轄する病院での採用の際に空港内施設での勤務を希望すれば、比較的、優先して派遣させてもらえるようです。
空港内でのクリニックでの勤務も、病院などの様な入院施設が無いため、比較的、夜勤や残業が少なく、隠れた穴場的職場です。
只、成田や関西空港などの国際空港では、24時間体制の勤務シフトが引かれていて、病院と同じように夜勤などの仕事もあります。
それでも、比較的少人数の中で行う診療は、病院などのような複雑な人間関係からは開放されて、夜勤と言っても病院のようなナースコールがない為、病院よりは楽だという声が多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>